自宅にある飲まないお酒の処分方法|お金に替わって得をする

女性

価値ある品を見極める

虫眼鏡

中国美術最高の品が展示されているのが故宮博物館であり、中国美術を見る目を養うにはお勧めの場所です。古くから中国と交流のある日本では、故宮博物館所蔵の中国美術と同じレベルのものが出てくることがあるので、世界中から中国美術愛好家が訪れています。

この記事を読む

古美術品などを売ろう

骨董品

大阪の骨董品買取業者の特徴は、経験豊富な鑑定士が直接個別の家庭を訪れて、丁寧に査定をしてその場で買い取ってくれることです。売りたいと考えている骨董品の種類に合わせて業者を選ぶべきであり、これまでの買い取り実績を調べるのが、良い業者を見つけるコツです。

この記事を読む

家にあるブランデーを売る

ワイン

ブランデーは、高級洋酒の代名詞になっているお酒です。価格が高いため、贈答品としてブランデーが使われるケースがよくあります。ブランデー好きの人にとっては嬉しい贈り物ですが、ウイスキーはよくてもブランデーはクセがあるので苦手だという人が結構たくさんいます。ウイスキーの主原料は大麦などの穀物ですが、ブランデーは白ブドウなどの果実が主原料になっています。簡単に言うと蒸留したワインを熟成させた物なので、ウイスキーとは全く異なる味わいになります。ブランデーが苦手な日本人は意外に多く、飲まずにサイドボードの飾りにしているケースがよくあります。しかし、それではせっかくのブランデーが泣いてしまいますので、飲まないのならお酒買取業者に売ってしまうのが得策です。先程も言ったようにブランデーが苦手な人が多いのは事実ですが、それと同じくらいブランデー好きの人もいます。名古屋にはブランデー買取に力を入れている業者がいますので、その業者の査定を受けてみるとよいです。名古屋以外の場所に住んでいる人でもWEBや電話で査定を受けることができますので、名古屋のお酒買取業者の利用をお勧めします。

ブランデーを売るなら先程言った名古屋のお酒買取業者を利用するのが一番ですが、高値買取を実現するためには、いくつかの注意点があります。まず、ブランデーは年代物の方が価値が高いと思い込んでいる人が多いですが、一概にそうとは言えない部分があります。時折、買取価格を上げるために何年も自宅でブランデーを保存している人がいますが、その努力が裏目に出てしまうことの方が多いです。ブランデーも食料品の一種ですから、年数の経過に応じて劣化していきます。ブランデーの品質を長期間保持し続けるためには、専用の設備が必要になります。個人にはハードルが高すぎる作業ですので、売りたいブランデーを持っているのなら、なるべく早く買取業者の査定を受けるようにするのがベストです。ちなみに、ブランデーの箱やボトルを集めているコレクターもいますので、空になったボトルがある場合は、それも査定してもらうとよいです。

有利な取引とお店選び

電卓

骨董品は高額買取となる可能性があるため、取引先は慎重に行うべきです。ジャンルごとの専門スタッフが在籍している骨董品買取ショップは、高額査定が期待できます。破損や汚損で価値が変動するため、値段が付くうちに取引すると安心です。宅配買取や出張プランを利用するとより便利になります。

この記事を読む